還暦ジジイの 安い・簡単・ちょっと旨い? 食

安い食材で簡単にできる料理を、自分なりに試しているだけの独身ジジイです。

妖怪ぬりかべのあんかけ焼き

日は仕事からの帰りがちょっと遅かったので、何を作ろうかとか何を食べようかとか、全く考えずに冷蔵庫にあった賞味期限切れの木綿豆腐をなんとかすることにしました。

 

いってもアタマには何も浮かんでいなかったので、とりあえずそのまま豆腐を横に薄く切って二枚にし、さらに縦に半分にしてみました。

 

まり、1丁の豆腐が4つの妖怪ぬりかべになったわけです。

 

 

ずはどうするかという大きな問題にさしかかったところで、無意識のうちにフライパンを手にしていました。

 

の時点で、まだどうするか決まっていません。

 

りあえず油を引き、ぬりかべを焼いてみました。

 

 

☆☆☆さて、味付けは…☆☆☆

 

油とみりんと砂糖とゴマ油かな?

 

ばかりに、計量カップに次々と入れ混ぜ、少しだけ水も入れて…

 

 

ろうことか片栗粉もツッコんじゃいました。

 

 

てどうなることか。

 

ぜてみると不気味な茶色い液体になり、とても美味しそうではありません。

 

も、この期に及んで後には引けず、豆腐の両面が焼けた頃を見計らってその不気味な茶色い液体をフライパンに流し込んでみました。

 

しすると、当然のようにその液体は固まり始め、豆腐に絡むこともなくドゥルンドゥルンになってしまいました。

 

 

の結果がこれです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

食用妖怪ぬりかべ(汗)

う見ても美味しそうには見えませんよね。

 

うです、向こう見ずの失敗作です。

 

、で、でも、食べなきゃいけないし、恐る恐る食べてみたら意外にも味は悪くなくて、餡を豆腐に乗っけて1枚を食べました。

 

真はその後に撮ったので、ぬりかべは3枚になってます。

 

敗した割にはそれなりに食べられたし、一味を振ったらまたこれもよし。

 

は言え、やはり料理をなめてはいけませんね。